雪室で熟成させた極上の新潟特産品 │ 越後雪室屋の贈り物

RSS
 

氷温熟成 魚沼・新潟こしひかり食べ比べ[キューブ300g×各6個]│送料込│



氷温®熟成魚沼コシヒカリ・氷温®熟成新潟コシヒカリの食べ比べセット。
2つの美味しいコシヒカリ、どちらが好みか食べ比べてみてはいかがですか?



【旨み・甘み増加の秘密は氷温熟成】
ほとんどの生物は-1度から-5度くらいの温度では凍らず冬眠状態となります。
食品はそれぞれの「結氷点」で凍り始めますが、0度から結氷点までを「氷温帯」といい、
この「氷温帯」で一定期間熟成させることにより良食味を実現したのが『氷温熟成米』です。
氷温帯ではお米の細胞は凍らないようにその成分に質的変化が生じます。
例えばたんぱく質がアミノ酸に、単糖類が多糖類に変化したり、水分子がクラスター化して米粒内の水分分布が均一化します。
これにより旨み・甘み・良食感のお米になるのです。

①「お米の旨み」が一層アップします。
旨みの元はアミノ酸(遊離アミノ酸)。氷温熟成による超低温湿加工で通常精米に比べアミノ糖成分がアップします。
アミノ酸総量が増加するばかりではなく、アスパラギン酸・グルタミン酸・アラニンなどの旨みの主成分含有量が増加する傾向にあります。

②「お米の甘み」成分が向上します。
甘みは遊離還元糖類を始め糖類の含有量で決まります。
氷温熟成は多糖類を単糖や少糖に変化させお米が持つ甘みを更に向上させます。
この変化は氷温熟成の後に雪室で低温保存することにより、更に進みます。

③冷めても美味しい!食感バランス
ご飯の食感は弾力性・硬さ・粘度・バランス度と持続性(冷めてからの食感)などで決まります。
この食感がよければ「もっちりした美味しいご飯」となります。
氷温熟成したご飯はこの各項目が通常精米に比べすべて向上。
炊きたてはもちろん、冷めてからも「美味しいご飯」です。

④「ご飯の保水性」がアップ
本当に美味しいご飯とは冷めても美味しくいただけるご飯です。
通常ご飯は時間の経過と共に、水分が自然蒸散してパサパサしてきます。
氷温熟成米は通常米に比べ自然蒸散量が少なく、時間が経ってもご飯の含水率が高いまま。
お米にしっかり水分を取り込め冷めても美味しいご飯に仕上がります。

【新米の美味しさを保つ雪室保蔵】
雪蔵倉庫の特徴は、雪の冷熱エネルギーを活用することにより、年間を通じて玄米を超低温貯蔵できることです。
春先に貯雪庫に約700トンもの雪をエネルギー冷熱源として蓄えておき、
外気温が上昇する7月?8月でも倉庫内は気温5℃、湿度70%に保つことが出来ます。
米は5℃以下で保管すると劣化しにくいとされ、これによって前年米の食味が最も落ちる夏季でも、
鮮度・食味が保たれた米を出荷できます。(この設備は財団法人ゆきだるま財団の技術指導により実現致しました。 )

・2016年11月1日より価格改訂



◆内容量:越後雪室屋氷温®熟成こしひかり
魚沼こしひかり/新潟こしひかり 300g×各6個(計12個)

◆メーカー:株式会社 吉兆楽
◆箱:ギフトセット仕上げ(ギフト箱・越後雪室屋包装紙包)
◆サイズ:31.8×21.0×11.0 cm
※【内のし】のみのご用意となります。予めご了承下さい。




氷温熟成 魚沼・新潟こしひかり食べ比べ[キューブ300g×各6個]│送料込│

価格:

5,410円 (税込)

のし選択:
購入数: セット

在庫

在庫あり

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
この商品のURLを携帯に送る

ページトップへ